レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


眼鏡(メガネ)のお話

眼鏡を使用する時の注意って?

眼鏡を使用する時の注意って、どんな事があるんでしょう?まず、何よりも大事なのは、近視が進みづらい眼鏡を作って貰う事でしょうか。そして、30cm以内の物を見る時は、眼鏡を掛けずに裸眼で見るようにすると良いようですね。眼鏡って言うのは、5m先にピントを合わせている為に、5m以上先を、眼鏡を掛けて見る分にはリスクも殆どないようで、とても役に立ちますよね。ですが、5m以内の物を見ていると、自然と近視が進行してしまうようなんですね。それに、初めのうちは、度数が低過ぎるくらいのメガネの方が良いようです。最低限、生活していけるくらいの眼鏡が良いようです。良く見える眼鏡って言うのは、近視を進めて、視力低下に繋がるようです。1.5や2.0が見えるに越した事はないんですが、眼鏡を使って、この程度まで視力を矯正しようとなると、自分の眼がレンズに合わせようとする為に、結果的に近視が進む事になるようですね。

又、取り扱いの注意点なんですが、洗剤は固形タイプではなくって、中性洗剤の液体タイプを使うのが良いようですね。レンズは出来るだけ力を入れずに、優しく拭くと良いでしょう。眼鏡のレンズは、洗剤の種類や拭き方によっては、すぐにキズが付いてしまい、そのキズが視界の邪魔をして、眼鏡を掛けていても見えづらくなるんですよね。それに、レンズは熱に弱いので、お湯で洗うのは避けた方がいいようです。揚げ物をする時なども、古い眼鏡に取り替えるのが良いかもしれませんね。ですが、ガラスの眼鏡なら大丈夫のようですね。これらの事を踏まえて、眼鏡を使用する場合には十分注意をするのが良いですね。

関連記事
眼鏡(メガネ)の選び方って?
眼鏡で近視が進む?

スポンサードリンク