レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ 視力回復の失敗のお話

視力回復手術の失敗例?

視力回復手術の失敗例って、どうなんでしょうね?チョッと気になりますよね。視力回復手術と言うとレーシック手術なんですが、レーシック手術には、フラップを使用する手術と、フラップを使用しないPRK手術の二種類が有るんですよね。どちらも、眼の中の手術なんですが、やはり、視力回復手術の失敗例が有るようですね。2000年に起きた二件の訴訟では、二件共、フラップ作製ミスが原因の不正乱視や視力低下と認められて、原告が勝訴しているんです。技術不足による医療過誤を避ける為には、経験豊富で、評判の良い医師を選ぶ必要があるようですね。2006年にはPRK手術で、ヘイズと呼ばれる角膜濁りの合併症で、不正乱視が起きた訴訟があったんです。この時には、事前にヘイズと不正乱視のリスクの説明が有り、簡単に説明した文書も交わされていたようなんですが、内容が説明不十分という事で、最高裁にて原告が勝訴したんです。ですが、この事例では、後にヘイズは治まり、それに伴って視力も改善されたと報告されているようです。

現在までに、レーシック手術による失明は無いとされているんですが、いろいろなリスクが有るんですよね。元々の視力が低いほど、近視に戻る可能性が高いといわれ、レーザー照射が原因で光に異常に敏感になる”まぶしがり症(羞明症)”を引き起こす可能性は、近年のレーザー機器発達によってリスクは減っているようなんですが、手術の性質上、細菌感染症や炎症、角膜上皮迷入という合併症も起こり得るんですよね。術後に使用するステロイド系の薬は、緑内障発生リスクを伴い、レーザー照射ミスが原因の角膜拡張は、視力低下を招きかねないんですよね。又、フラップを使用する手術では、フラップ作製ミスや、フラップ位置ずれによる不正乱視のリスクが有るんです。なので、視力回復手術の失敗例にならないように、信頼出来る専門医を選んで下さいね。

関連記事
視力回復の失敗って?
レーシックの失敗談ってあるの?
レーシックの失敗例とは
レーシックに失敗の危険性はないの?

スポンサードリンク