レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ レーシックの後遺症・合併症・副作用のお話

レーシックの視力回復手術後の後遺症?

レーシックの視力回復手術後の後遺症って、とっても気になりますよね。ですが、レーシックでの視力回復手術を受けた方には、少なからず後遺症があるようですね。それに、当然ですが、人によって回復期間や症状の度合いが違ってくるようですよね。例えば、レーシックでの視力回復手術直後から翌日ぐらいまでは眼が開けていられなかったり、眼がしみたりする感覚がある方がいらっしゃるようですが、でも、この症状は、すぐに改善されるようですね。それに、レーシックでの後遺症に、ドライアイの症状を訴える方も多いようで、半年ほど続く方もいらっしゃるようですね。もし、視力回復手術を行ったクリニックから処方された点眼薬を使っても、このドライアイの症状が半年を過ぎても改善されない場合には、やはり医師に相談した方が良いでしょうね。

又、夜間の光が眩しく感じたり、にじんで見える現象をハローグレア現象と言うんですが、この症状が、視力回復手術後に後遺症として起こる場合があるようです。この症状は、時間が経てば収まる後遺症のようですが、夜間に車の運転などをする方は十分に注意しなくてはいけませんよね。でも、あまりにも酷い場合や長引く場合は、医師の診察を受ける必要があるでしょうねす。その他の後遺症としては、視力回復術後の一週間程度は白目が赤くなったり、充血したり、又、今までと見え方が違う為、眼精疲労が頭痛を起こす原因になる場合もあるようなので、視力回復手術後は眼を酷使するパソコンやテレビは控えるのが良いでしょうね。このように、レーシックによる後遺症はどれも時間と共に改善されるのが普通のようですが、何か気になった場合には、すぐに医師の診察を受ける事が大切になってくるんですよね。後遺症、出なければ良いんですが・・・

関連記事
レーシックによる視力回復手術後に感染症?
レーシックでハロ現象が起きた?
レーシックの副作用とは
レーシックで不正乱視になった?
レーシックの合併症とは

スポンサードリンク