レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


眼と病気のお話

眼病の種類や症状って?

眼病の種類や症状って、どんなものがあるんでしょう?近視でも遠視でもないのに、最近眼がよくかすむ、等の自覚症状が有る場合には、すぐに病院へ行き、検査してもらうのが良いでしょうね。眼病には種類や症状もいろいろ有るようですが、放置すると悪化するものが殆どのようです。なので、もし異変を感じたら、先延ばしにせずに眼科で診察を受けて下さいね。眼病と言って、すぐに思い浮かぶのは、白内障や緑内障かもしれませんよね。この白内障って言うのは、レンズの働きをしている部分である水晶体が、白く濁ってしまう病気のようです。老化によって起こりやすい病気のようですが、糖尿病などを患っている方にもこの病気が見られるようです。症状としては、眼がかすんだり、細かい文字が見えにくくなったりと、視力が低下するようですが、充血や痛みなどの症状は見られないようですね。

同じく老化が原因で起こりやすい眼病としてあげられるのが、緑内障のようですね。ですが、老化だけではなくって、眼の中で起こっている炎症や先天性のものなど、いくつかの病気等が重なりあって、緑内障として発症する場合が多いようです。症状としては、白内障と違って、頭痛がしたり、眼の奥が痛かったりと、痛みを伴うようですね。他にも、昼間なのに視界が悪かったり、両眼で見え方が違うなどの症状も出てくるようです。これらの、白内障や緑内障は、いずれも、40歳以上の方に多く見られる眼病のようなので、注意が必要なようですね。眼病としては意外に思われるかもしれないんですが、眼精疲労も、れっきとした眼病のようですね。眼が疲れているだけでは済まず、継続的に頭痛や吐き気などが起こるようです。眼精疲労の場合、その他の病気にも現れるような症状が出てくるようなので、自分で勝手に判断するのではなくって、必ず眼科に行って正確な診断をしてもらいましょうね。眼病は、老化だけではなくって、生活習慣からくる事も有るようなので、生活習慣を改善して発病を防ぐ事も可能なようです。

関連記事
眼病の種類や症状って?
糖尿病から目の病気?
眼にこんな自覚症状を感じたら
白内障ってどんな病気なの?
飛蚊症とは
眼の病気とその原因とは

スポンサードリンク