レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ アレルギー性症状とレーシックのお話

アレルギー性結膜炎でもレーシックは受けられるの?

アレルギー性結膜炎でもレーシックを受けられるの?
レーシックって、いろいろな症状でも治療が受けられるようなんですが、アレルギー性結膜炎でもレーシックは受けられるんでしょうか。現在の生活環境では、アレルギー性のいろいろな症状が身体に出てきても不思議はないんですよね。欧米のような食生活も、大きな要因の一つでしょうね。和食が一番バランスの取れた食事だとは思うんですが、でも、仕方がありませんね。そのアレルギー性の結膜炎でも、レーシック手術が受けられるかという事なんですが、結論から言うと、レーシック手術は受けられんです。このアレルギー性結膜炎って言うのは、アレルギーによる結膜の炎症で、症状としては充血やかゆみ、眼脂、それに、流涙や瞼の腫れなどがあるようなんですね。このようねアレルギー性結膜炎があるという方でも、殆どの場合、レーシックの検査や手術には支障はないんですが、アレルギーの症状が重い場合には、先にアレルギー症状の治療を行ってからレーシック治療を受けた方が良い場合もあるようです。

又、花粉症などによる、辛〜い眼の症状がありますよね。この花粉症がある場合でも殆どの場合、レーシック手術には影響がないようです。それに、時期的には花粉の時期を避ける必要もないようですね。又、レーシック治療後の花粉症治療も問題はないようですね。ですが、レーシック治療って言うのは、角膜の厚さと近視乱視度数をもとに、その他の眼の状態に問題が無い場合にレーシック治療が可能なんですよね。ですから、実際にレーシック手術が可能かどうか、どの位の視力回復見込みがあるかは検査をしてみなくては、分からないんですよ。ですから、先ずは信頼のおけるクリニックで相談される事が良いですね。 でも、レーシック手術を受ける時は、出来るだけ発症している時は避ける方が良いでしょうね。アレルギー性の症状のない時期に、レーシック手術<を受ける事がベストなんですよね。いずれにしても、詳しいことは、クリニックや専門医にご相談下さい。

関連記事
レーシック、ドライアイは受けられる?
レーシックを受けられない方とは
レーシックを受けられない方とは(2)
レーシックを受けられない方とは、まとめ編

スポンサードリンク