レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ レーシック手術後のお話

レーシックの視力回復手術後の保護メガネ?

レーシックの視力回復手術後の保護メガネって、ご存知ですよね。レーシックでの視力回復手術を行った直後から、眼を保護する為のメガネなんですよね。この保護メガネって言うのは、風やホコリ、ゴミや花粉などから眼を守る為、普通のメガネとは少し作りが違っていて、眼の全体を覆うような大きいメガネになっていて、花粉症の人が掛けているような感じのメガネになるんですよね。この保護メガネは、あまり格好の良いメガネではないので、敬遠する方もいるようですが、レーシックでの視力回復手術後に、もし、異物などが眼に入ってしまうと、角膜の損傷や感染症を引き起こす可能性が高くなってしまうんですよね。なので、レーシックでの視力回復手術によって角膜が傷ついている状態だという事を忘れずに、医師の指示通りに、やはり保護メガネを装着するのが良いようです。

レーシックでの視力回復手術後には、約一週間は保護メガネを装着し、外出先では勿論なんですが、自宅に居る場合にも、出来るだけメガネを掛けていた方が良いでしょう。特に、小さな子供がいらっしゃる家庭では、子供が急に顔を触ったりする事があるでしょうから、常時着けていた方が安心のようですね。この保護メガネは、就寝時も装着するように言われる場合があるようですが、保護用メガネを着用していては寝むられない方も多いようで、保護用レンズとテープを使用し眼を保護している方もいらっしゃるようです。就寝時は、眼を閉じているので安全だと思われがちのようですが、無意識に眼を擦ったりしている場合もあるので注意が必要のようですね。

関連記事
レーシック手術後のメイクはすぐ出来るの?
レーシック手術後の運動やスポーツはいつから出来るの?
レーシック後に近視の戻りはあるの?

スポンサードリンク