レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


眼の病気の原因のお話

眼の病気とその原因とは

病気とその原因とは
眼の病気や、その原因となる事も様々なんですよね。視力を回復させる為には、眼の病気とその原因を知っておくも大事なんです。それぞれの病気と原因を簡単にチョッとお話をしてみます。例えば、
・近視、老眼は、瞳孔と硝子体の間にある水晶体が光老化によって硬くなり、レンズの水晶体が弾力性を失って、焦点が合いにくくなったからなんですね。
・白内障は、中年以降に発生する事が多く、水晶体内のコラーゲンが光老化して酸化し、白く濁ってしまいます。明るい所ではまぶしくなり、目がかすみ易くなるようです。それに、物が二重、三重に見えやすくなるようですね。又、手術は何回も出来ないようです。
・乱視は、球形の硝子体を後部から包んでいる網膜が光老化し、硬くなり、縮んで波打ってしまいます。この為、物がゆがんで見えるんですね。
・網膜はく離・飛蚊症は、網膜はく離では、糖尿病から発症しやすいようです。又、飛蚊症は高齢になると発症しやすく、目の前に蚊が飛んでいるように見えたりするようですね。これらは、水晶体が光老化して硬くなり、縮み、網膜から硝子体の一部がはがれ、その間に水が溜まって、最後にはく離してしまうようです。
・黄班変性症は、瞳孔、水晶体、硝子体との順で通過した外部の光が、集中する網膜の一部の黄班が光老化して、排出作用が弱くるんです。それで、老廃物が蓄積され、黄班から出血して傷つき、見ようとするものの中心がぼやけたり、ゆがんでしまうんですね。これは、欧米の失明原因の第一位のようです。
・緑内障は、硝子体を包む網膜を、更に、外部から包む毛様体で作られる房水が、シュレム管を通じて外部に排出されずに、溜まってしまいます。その結果、眼圧が上がり、視神経が圧迫され、視野が徐々に狭くなってくるんです。この緑内障は、自覚症状が無いのが特徴なんです。
このように、眼の病気や原因は様々なんですよね。ですが、一生物の大事な眼です。くれぐれも大切にしたいものです。生活習慣病も眼にとって、決して良いものではないので、生活習慣を見直す等して、くれぐれも眼に気をつけて快適な生活を送りたいものですね。何か眼に違和感など気になる事があれば、眼科に見てもらうようにして下さいね。

関連記事
飛蚊症とは
アトピー性皮膚炎から白内障?

スポンサードリンク