レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ レーシックと視力のお話

レーシックと視力とは 

レーシックと視力とは
レーシックに重要な視力とはなんでしょうか?視力とは、目の働きの中で見分けようとする対象物を、どれだけ細かく見分けられるかという能力を表す尺度なんですね。網膜の中心窩(か)で見る、最も良く見える視力の事を、一般的にいう視力と言うんです。レーシックに必要な視力測定には、輪の一ヶ所に切れ目のあるものをたくさん並べた”ランドルト環”(文字や絵もある)と呼ばれる標準視力検査表を使います。レーシックに重要な視力は、検査表のランドルト環の切れ目の2点の識別能力で、1.0は5m先では1.5mm離れた2点、0.1では5m先の1.5cm離れた2点の識別になるんです。生まれたばかりの赤ちゃんには、明暗が分かる程度の視力しかないことが分かっています。生まれてから、細かく物が見えるようになり、遠近が正確になって、立体感が伴うまでの6歳頃までに、脳の働きと一緒に確立されてくるんですね。視力って大切ですよね。今、見えているものが見えなくなったら、って考えたら、とっても怖いですよね。出来るだけ眼を酷使しないで、たまには眼も休ませなくてはいけませんよね。テレビやパソコン、ゲーム等は少し控えた方が視力には良いですよね。レーシックと言う素晴らしい治療法もあるんですが、出来るだけお世話にならないように、眼を大切にしましょうね。

スポンサードリンク