レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


コンタクトレンズの危険性のお話

コンタクトレンズの危険性とは

コンタクトレンズの危険性とは
コンタクトレンズは、多くの方々に使用されている視力矯正法ですよね。でも、長年の使用で慣れてしまい、取り扱いが雑だったり、正しくない使い方の場合も多く、コンタクトレンズによる眼の障害が、多く報告されているようなんですね。日本眼科医会などのアンケートによると、一年間に約150万件ものコンタクトレンズによる眼の障害が、起こっていると推測されているんです。という事は、つまり、コンタクトレンズ使用者の10人に1人の割合で、眼の障害が発症していることになります。では、コンタクトレンズの危険性をご紹介しましょう。
・正しい使用法を理解せずに、使用し続けている
・定期検診をうけていない
・寝るときも外さず装用している
・コンタクトレンズに、傷や少し破損した状態でも装用している
・十分な洗浄をしていない

いかがですか?思い当たり事はありませんか?あなたに合ったコンタクトレンズでも、毎日の手入れを怠ったり、取り扱い方法が間違っていれば、眼のトラブルが生じてしまいます。レンズのケア用品や洗浄方法は、レンズにきちんと合っている事が大切なんです。もし、間違っているとレンズの寿命や性能を悪くしたり、菌が繁殖して眼の病気を引き起こす事もあるんですね。それに、装用時間や装用期間を守らないと、眼にに与える負担が大きくなるので注意が必要なんです。又、眼のトラブルに早く気付く為には、毎朝、見え方が左右の眼でいつもと同じなのか、眼は充血していないか、コンタクトレンズを入れた時に、眼がゴロゴロしないか等を、自分で良くチェックすると良いですね。そして、涙が止まらない、かすんで見える、目が疲れやすい等、少しでも異常に気付いたら、コンタクトレンズを装用せずに早めに眼科医の診察を受けた方が良いですよ。又、そんな時の為に、メガネも用意しておくのが良いですね。コンタクトレンズは十分注意して使って下さい。

スポンサードリンク