レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ 視力回復のトレーニングのお話

NHKのためしてガッテンで紹介された視力回復トレーニング?

NHKのためしてガッテンで、2003年4月2日に放送され、紹介された視力回復トレーニングが、効果が高いと評判のようですね。これは、近視の人向けのトレーニングで、近くと遠くの物を交互に見つめる事によって、毛様体筋を緊張から解き、柔軟にするもののようです。このトレーニングをしてもトレーニングの効果が出にくい方は、常日頃から毛様体筋がリラックス出来ているという証のようです。逆に、効果が出た方って言うのは、常日頃から毛様体筋が緊張している事になるようですね。このような方は、遠くを見つめている時でも、毛様体筋がリラックスしていない、っていう事なんですね。本当なら三ヵ月から一年かけてしなければいけないトレーニングを、半月に凝縮したにも関わらず、このトレーニングで、若者の12中2人が、6段階も視力が回復し、他にも1〜2段階上がった方が多くいたようです。

なので、このトレーニング法を少しご紹介しますね。用意するものは、壁に貼ってあるカレンダーのみなんです。カレンダーに書いてある一つの数字を見つめて、少しずつ離れるんです。数字がぼやけ始めたら、そのぼやけ始めた位置から、数字がハッキリ見えるようになるまで、ずっ〜と見つめ、ハッキリ見えたら、五秒間目を閉じてリセットします。この流れを、五分一セットで、一日三セット行うんですね。これを、半月続けるだけで良いようです。レーシック手術に抵抗が有る方や、視力回復をご希望の方は、とっても簡単なので、今からでも始めてみてはいかがでしょうか。自宅で簡単に視力回復が出来るって、とっても嬉しいですよね。

関連記事
自宅でできる視力回復法って?
視力回復メガネ?
子供の視力回復トレーニングの眼育?
ステレオグラムで視力回復?
アイトレで視力回復?
視力回復3Dって何なの?
視力回復のトレーニングって?
揺り動かし視力回復トレーニングとは
日常生活での視力回復法とは
視力回復の遠近相互トレーニングとは

スポンサードリンク