レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ レーシックの種類・装置のお話

レーシックのケラトームとは

レーシックケラトームとは
レーシックは、現在では一般的とされている眼を矯正治療する手術の方法なんですが、そのレーシックにはいろいろな種類があるんですす。レーシックが主流になる前は、PRKと呼ばれるレーザー手術によって屈折矯正治療が行われていたんですね。ですが、このPRK治療って言うのは、手術中や手術後に痛みを伴うのものだったようなんです。それに対して、このレーシック治療は、手術中は勿論、手術後も殆ど痛みを感じる事が無くって、しかも、短時間で手術が出来るんですよね。その為、入院する必要も無く、日帰りによる手術が可能になったんです。それに、手術後の早い段階で、視力回復を実感出来るのが嬉しいですね。レーシックではフラップを作成する為に、マイクロケラトームと呼ばれる専用の医療機器を使って、眼球を固定しフラップを作成するんです。その後は、エキシマレーザーを角膜に当て屈折力を変化させ、形を整え、最後に、フラップを戻して治療は終わりなんです。これが、レーシックの中では最も一般的な治療方法なんです。この際に、マイクロケラトームを使うことから、ケラトームとも呼ばれているようですね。ですが、マイクロケラトームを使用するレーシックでは、最強度近視の治療は不可能のようなんですね。詳細は、レーシック専門のクリニックに資料請求なり、必ずご自身でクリニックのホームページなどをご確認下さいね。

関連記事
イントラレーシックとは
ウェーブフロントレーシックとは
イントラウェーブフロントレーシックとは
エピレーシックとは
ラセック(LASEK)とは
フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ、永久コンタクトレンズ)とは

スポンサードリンク