レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


眼科専門医のお話

レーシックの眼科専門医とは

レーシック眼科専門医とは
レーシックの眼科専門医ってご存知でしょうか。レーシックの眼科専門医って言うのは、現在、日本眼科学会が認める日本眼科学会認定専門医が行うことがガイドラインとされているんです。レーシックという施術は、眼に関する全般的な知識を持った“日本眼科学会認定専門医”が行うべき手術なんですね。なぜなら、視力に影響を及ぼすのは、近視などだけでなく、他の病気が影響している場合もあるからなんです。又、万が一、予期せぬ事態が生じた場合でも、適切な処置を行えるかどうかも重要なんですよね。医院や病院によっては、”レーシック専門医”や”屈折矯正専門医”等という肩書きを表記しているクリニック等もあるようなんですが、そういう認定医の資格はないんですよね。この、日本眼科学会が認める”日本眼科学会認定専門医って言うのは、
・ 専門医制度が認定した施設で5年以上の眼科臨床研修済みである。
・ 4年以上、日本眼科学会会員である。
・ 日本眼科医会会員の医師である。
など、以上の項目をクリアしていて、専門医認定試験に合格して資格を取得した医師に与えられる称号なんです。これが眼科専門医なんですよね。 紛らわしく、それらしい肩書き惑わされずに、眼科専門医がレーシック手術をする医院やクリニックをお選び下さいね。

ネタ元 
http://www.lasiks.jp/

関連記事
レーシックの医院の選び方とは
スポンサードリンク