レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ レーシックと医院・クリニックのお話

レーシックの医院では説明されない事とは

レーシック医院では説明されない事とは
レーシックの医院等では、目標視力に達しない事や近視が戻る事、そして、術後の副作用等は、レーシックのデメリットとして手術前の説明では教えて頂けます。で、これらの事を承認して、手術に同意します、という誓約書にサインすることもあるんですね。でも、これからご説明する事は、殆どの医院では、あまり説明を受ける事がないのでは・・・。それは、まず、レーシックは、あくまでも視力の矯正の為の、一つの手段であって、視力の回復そのものを促すものではないって言うことなんです。これはどう言う事かっていうと、レーシック手術によって視力は改善されますよね。ですが、眼球の構造としては、近視は近視(または遠視・乱視)のままなんですよね。決して、眼球の構造からの、根本的な視力回復ではないっていう事なんです。

例えば、強度近視の場合は、眼球自体の形が楕円形になることで、近視になっている軸性近視であることがほとんどなんです。が、この軸性近視の眼球の形の場合は、網膜剥離や緑内障といった、眼病の発生確率は通常に比べて数倍高いんですね。強度近視ほど、かかりやすい眼病というものがあるようです。ですから、レーシック手術によって、視力は1.5や2.0になったとしても、眼球自体の構造は強度近視の頃となんら変わりがない為、眼病を患うリスクは、今まで通り、高いままという事なんですよ。レーシックでは視力は矯正できますが、眼病の発症リスクまでは変わらないという事なんですね〜。レーシックも、メリットもあればデメリットもあります。こうした色々な要素を考えて、レーシックの手術を受けるかどうか、よく説明をお聞きになり、判断を下すようにして下さいね。

スポンサードリンク