レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ レーシックのデメリットのお話

レーシックでの視力回復の欠点って?

レーシックでの視力回復の欠点って、どんな事があるんでしょう?やはり、レーシックでの視力回復にも、欠点が有るという事を理解しておく事も大切なんですよね。レーシックでの視力回復手術を受けるに当たっての欠点の一つには、健康保険が適用外の為、手術費用が15万円以上と高額になる事があげられますね。それに、事前のクリニックでの視力回復手術が受けれるかどうかの適応検査で、レーシックが受けられない場合もあるようで、必ず、どなたでも受けられるわけではないようです。又、レーシックでの視力回復手術では、誰もが視力回復の効果が得られるわけではないようで、手術をしても、自分が想像していたより視力が上がらない場合もあるようですね。これも欠点になるかも・・・。ですが、希望によって、再手術も可能のようですが、このようなリスクも有るという事を知っておくことも大切ですよね。

そして、レーシックでの視力回復手術後に感染症になる可能性も有るようで、ドライアイや夜間の車の光が眩しく感じられる後遺症に、術後しばらく悩まされる場合もあるようです。確かに、レーシックでの視力回復手術に失明したという報告は無いようですが、通院が必要な感染症が発症したり、強い近視を手術前から持っている方は、近視が残ってしまう場合などもあるようです。レーシックでの視力回復手術は、アメリカでは長年の実績があるようで、安全性が高いと評判のようですが、日本では、まだまだ歴史が浅い為、安全性が立証されていない治療方法のようです。なので、こういったレーシックでの欠点を良く理解し検討して、納得した上で、レーシックでの視力回復手術を受ける事を考えると良いですね。やはり、レーシックにも欠点がある事をお忘れなく!

関連記事
レーシックのデメリットって?
手術後に近視の戻りは?
レーシックのデメリットとは
レーシックのメリットとは

スポンサードリンク