レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックでの視力回復手術後の後遺症?

レーシックでの視力回復手術後の後遺症?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、レーシックでの視力回復手術を受けた人には、
少なからず後遺症があるようですし、
人によっては回復期間や症状の度合いが違ってくるようですね。

例えば、レーシックでの視力回復手術直後から
翌日位までは眼が開けていられなかったり、

眼がしみたりする感覚があるとされますが、
この症状はすぐになくなるようです。

レーシックでの後遺症に、
ドライアイの症状を言う人は多いようで、

半年ほど続く場合があるようですが、
視力回復手術を行ったクリニックから処方された点眼薬を使い、

半年を過ぎても改善されない場合には、
医師に相談した方が良いでしょう。

又、夜間の光が眩しく感じたり、
にじんで見える現象をハローグレア現象と呼ぶようですが、
視力回復手術後に後遺症として起こる場合があるようです。

勿論、時間が経てば収まる後遺症なようですが、
夜間に車の運転などをする人は十分に注意し、

あまりにもひどい場合や長引く場合は、
医師の診察を受ける必要があるようですね。

その他の後遺症としては、
視力回復術後一週間程度は白目が赤くなったり、

充血したり、また今までと見え方が違う為、
眼精疲労が頭痛を起こす原因になる場合もあるようなので、

視力回復手術後は眼を酷使するパソコンや
テレビは控えるのが良いようです。

レーシックによる後遺症は、
どれも時間と共に無くなるのが普通なようですが、

何か気になった場合はすぐに医師の診察を受けることが
早めの治療と対策ができ、大切になってくるようですね。

楽天で見る⇒レーシック 後遺症

関連記事
レーシックでの視力回復の欠点?
レーシックでの視力回復を受けた有名人?
レーシックでの視力回復手術当日の注意点?
レーシックでの視力回復手術後の保護メガネ?
レーシックでの視力回復手術後の感染症?
レーシックでの視力回復手術の安全性は?
レーシックでの視力回復手術を受けられない人?
レーシックでの視力回復を薦める理由?
レーシックでの視力回復の利点?

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。