レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシック治療の装置とは

レーシック治療の装置とは?レーシックって言うのは、エキシマレーザーというレーザー装置によって、角膜を薄く削るんです。それに、フラップを作るのは、マイクロケラトームという装置なんですよね。最新のエキシマレーザー装置には、アイトラッカーという機能が付いているんですね。この機能は、万が一、レーシック手術中に目が動いた時に、レーザーが眼の動きに合わせてくれるという優れものなんですよね。その為、この機能は、自動追尾システムとも呼ばれているんです。この機能に加えて、角膜の形を厳密に測定し、患者の形に合った設定を可能にする検査装置もあるようです。このような装置によって、レーシック治療がより正確で、安全性の高い治療が可能になっているんですね。でも、最もレーシックで重要なのは、それを扱う医者なんですよね。角膜や眼の疾患に関する知識が十分にあって、かつ、豊富なレーシック治療経験を積んでいるのか、これがとっても重要なポイントになるんです。医者と、レーシック治療設備の両方が充実した病院やクリニックを選ぶことがとっても大切なんですよね。

関連記事
レーシックの視力回復手術を受けられない人って?
レーシックでの視力回復当日の注意点って?
レーシック治療の原理とは
レーシックの医院の選び方とは

スポンサードリンク