レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシック治療の原理

レーシック治療の原理って言うのは、眼鏡やコンタクトを付けると、光の屈折率が変わり、焦点が合うのと同じで、眼の角膜の形を変えて、焦点を合わせるというものなんです。だから、視力の低下も、眼鏡やコンタクトを利用している時と同じなのでは。ただ、コンタクトやメガネと違って、角膜は、削った部分が多少再生するらしいので、視力が戻る可能性が高い人もいるようなんですね。レーシック治療が失敗する事は、非常に稀だと言われてますが、まったくないとは言い切れないんですよね。レーシックも100%完璧な手術はなく、リスクも副作用も、それに、合併症などもあるようなんです。

レーシック治療では、まず、角膜の表面で、フラップという薄いふたを作るんですが、このフラップは、一端を切らずに残しておかなければ、戻すことが難しくなるようなんですね。フラップを作る機械は、いろいろあるようですが、やはり、古い機械ほど失敗する確率が上がるようですね。って言う事は、やはり、レーシック治療を受ける場合は、最新設備である装置の設置されているクリニックを選ぶのが良いようですね。勿論、信頼出来るクリニックであり、眼科専門医であることは言うまでもありませんね。

関連記事
レーシックの視力回復手術を受けられない人って?
レーシックでの視力回復当日の注意点って?
レーシック治療装置とは

スポンサードリンク