レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックとは?(2)

レーシックって言うのは、前記事のレーシック(LASIK)とはでも書いたんですが、英語で書くとLasikで、正式名はLaser in Situ Keratomileusis なんです。で、その頭文字を取って、レーシックと呼ばれているんです。解りやすく訳すと、”角膜を自然な状態に戻すためのレーザー”となるようです。このレーシックって言うのは、眼にレーザーを当てて、角膜の形を変え、近視や遠視、乱視を治す手術の事なんです。このレーシック治療は、メガネやコンタクトレンズに代わる第3の矯正方法として注目されているんですよね。レーザーと言うと、すごい怖いイメージがあるんですが、レーシックで使われるエキシマレーザーって言うのは、特殊なレーザーで、ヤケドなどをほとんど起こす事なく、安全な手術が出来るようです。効果は抜群で、何と視力1.5レベルまで回復してしまうようですね。

日本最大手の品川近視クリニックでは、手術後の平均視力は1.61。98%の方が視力1.5以上まで回復し、残りの0.2%の方も1.0以上まで回復しているようです。なんと、凄い事に、白内障の手術件数を上回っているんですね。眼科で手術するトップは、このレーシック(Lasik)だとも言われるまでになっているんです。これは、レーシック(Lasik)手術を受けた人が、その事をまた人に、といった感じで口コミで広がったようなんですね。その上、レーシック(Lasik)は、非常に高い安全性をも持ち合わせている事も、人気の高い理由の一つのようなんです。レーシックは痛みもほとんどない治療法のようですし、国内では失明の症例の報告はされていないと言う事からも、技術の向上や機会の進歩が高くなったといえます。現在、日本最大手の品川近視クリニックでは、何と1ヶ月に3,000もの症例数を誇っているんですね。それだけ人気の高い手術なんですね。価格も、一昔前は両目で50万円と言われていましたが、現在なら両目20万円程度で、手術を受けることが出来るようなんです。レーシックに興味があるなら、検索でレーシック治療のクリニックのHPに訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事
レーシックの視力回復手術を受けられない人って?
レーシックでの視力回復当日の注意点って?
レーシック(LASIK)とは

スポンサードリンク