レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックでの視力回復当日の注意点って?

レーシックでの視力回復当日の注意点って、どんな事があるんでしょう?チョッと気になりますよね。先ず、レーシックでの視力回復手術を受ける前に、窓の外の景色やクリニック内の時計などを見て、その映像を記憶しておく事をお勧めします。って言うのは、レーシックでの視力回復手術では、術後すぐに、回復の効果が分かるようなので、手術前に見た景色を術後に見ると、自分がどのくらい回復したかの確認が出来るようですね。ですが、レーシックでの視力回復手術後は、まだ視力が安定していないので、眼を開けているのが辛かったり、眩しく感じたり、しみるような感覚があるようですが、見え方は、手術前と違う事はハッキリと分かるようで、レーシックでの視力回復手術前にはぼやけて見えていた景色や、時計の細かい針などが見えるようになる事は、手術を受けて本当に良かったと思える瞬間なんですよね。

レーシックでの視力回復手術の後は、薄暗い部屋で、しばらくの間、眼を閉じて休憩し、その後は普通に自宅に帰る事が出来るようですが、手術当日は、見える嬉しさより、眩しさや風が眼にしみるといった感覚の方が大きいようですね。なので、レーシックでの視力回復手術は、出来れば夕方に手術を受け、当日は夕食を食べて寝るだけ、っていうスケジュールにしておくと良いかもしれませんね。翌朝、眼が覚めた時は、今までの見ていた景色とは違った見え方になっている事でしょう。翌日の朝からは、レーシックでの視力回復手術を受けて良かった、って、日常生活の至る所で実感出来る事でしょう。

関連記事
レーシックの視力回復手術を受けられない人って?
レーシック失敗の不安?
レーシック失敗の危険性は?
レーシックの失敗例とは
レーシックで失敗しない為に

スポンサードリンク