レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックの視力回復手術を受けられない人って?

レーシックの視力回復手術を受けられない人って、どんな方がいるんでしょう?チョッと気になりますよね。日本では、ゲーム機の普及やテレビ、インターネットなど、視力が悪くなる要因が続々と登場して、近視の方が大変増えているようで、その影響か、日本人って、視力の悪い方が多く、メガネやコンタクトレンズで視力矯正を行っている方が大半を占めているようですね。ですが、視力の悪い全ての方が、レーシックでの視力回復手術を受けられるわけではないようで、中には、不適応者と診断されて、手術が行えない方もいらっしゃるようですね。そのレーシックでの視力回復手術が受けられない方って言うのは、眼に何らかの疾患が有る人で、その疾患は、緑内障や白内障、ぶどう膜角膜や円錐角膜などがあるようです。

それに、レーシックでの視力回復手術の特徴でもある、フラップを作成出来ない角膜が極端に薄い方も、不適応者となるようですね。又、眼の疾患以外でも、糖尿病や膠原病などの方や、妊娠中や授乳中の方なども、視力回復手術が受けられないようです。その他では、眼球の成長過程である17歳以下の人や、乱視や近視が極度に強い方などがあげられるようですね。ですが、レーシックでの視力回復手術が受けられない項目に自分が該当していたとしても、自己判断で諦めずに、レーシックの適応検査をクリニックで受けてみる事をお勧めします。又、レーシック以外に受ける事の出来る視力回復方法もあるようなので、専門医としっかりと相談してみると良いですね。

関連記事
レーシックでの視力回復当日の注意点って?
レーシック失敗の不安?
レーシック失敗の危険性は?
レーシックの失敗例とは
レーシックで失敗しない為に

スポンサードリンク