レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシック手術の種類?

レーシック手術の種類って、どんなものが有るんでしょう?気になるかたもいらっしゃるかもしれませんよね。そもそもレーシックって言うのは、眼の手術によって視力を回復させる事を指すんですが、その手術にいろいろな種類が有る事は案外知られていないのかもしれません。元々は、そんなに多くの種類が有ったわけではないんですが、研究が進むにつれて、レーシック手術の方法や、使用する機器の種類もどんどん細分化され、それまでは受けられなかった方でも受けられるような術式が開発されたり、より精密で高度な手術方法が開発されたりと、日進月歩で進化しているようです。でも、レーシックの術式が変われば、当然医師の技術や知識も磨かなければいけませんから、多大な研修期間や技術習得期間、それに、いろいろな種類の設備機器が必要になるようです。その為、いろいろ有るレーシック手術の術式の全てを行う事が出来るクリニックというのは、やはり、あまり無いようですね。術式ごとに別々のドクターを用意して、数種類の術式を行う事が出来るというクリニックが殆どのようですが、なかなかその進化について行けずに、古い術式や古い機器で行っているクリニックも有るのが現状のようですね。

レーシックの手術には、大きく分けると三種類になるようです。その手術とは、
・マイクロケラトームでフラップを作るケラトームレーシック
・レーザーでフラップを作成するイントラレーシック
・フラップを作成しないPRK、などのようですが、
更に、フラップ作成の精度が上がったウェーブフロントレーシックや、角膜が薄い方でも手術が可能なエピレーシック、それに、角膜が薄い方や強度の近視の方に適していると言われるラセック等の種類が有るようです。勿論、それぞれの体質や視力によって、各手術の向き不向きが有り、価格的にも大きな違いが有るようですから、慎重に検討し判断するのが良いでしょうね。

関連記事
レーシックのクリニック選びのポイント?
レーシックで老眼や乱視は?
レーシック手術の費用の相場って?
レーシックは失敗しないの?
レーシックのメリットって、どんな事?
レーシックの視力回復手術を受けられない人って?
レーシックでの視力回復当日の注意点って?
レーシック失敗の不安?
レーシック失敗の危険性は?
レーシックの失敗例とは
レーシックで失敗しない為に

スポンサードリンク