レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックの治療の概要って?

レーシックの治療の概要って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。レーシックの治療って言うのは、最初に始まった屈折率矯正術なようですね。レーシックの治療の概要としては、先ず、目に局所麻酔をかけます。その後に、マイクロケラトームというかんなのような機械を使って角膜の一部をフラップとして傷を入れめくります。

レーシックのこの段階で、角膜実質層が表面に現れるようです。この角膜実質層にエキシマレーザーを当てて、角膜実質層の一部を蒸散させて角膜の厚みを調整する事によって、屈折率を調整するようです。これがレーシック治療のメインになるんですね。その後に、フラップを被せて治療の本体は終わりになるようです。

レーシックでは、フラップを戻すんですが、フラップにずれが起こる事もあるようで、目に衝撃を受ける行為は厳禁とされているようです。その為に、航空機のパイロットや格闘技、衝撃を受けるおそれのある球技等では、レーシック治療が禁止されている場合もあるようですね。それは、フラップのズレが起こる可能性がある為なんですね。

レーシックは、失敗例が少ないとされる治療方法なんですが、やはり、レーシックの失敗が無いわけではないようです。失敗や副作用として、例えば、ハロ、フレア等の現象から、角膜上皮剥離、感染による白濁などがあるようです。このレーシックは、屈折率矯正術としては、歴史も浅い事と、全ての眼科医が施術出来るようですので、トラブルも報告されているようですから、少しでも失敗の少ない経験豊富な治療クリニックを選択するようにしましょうね。
   
楽天で見る⇒レーシック 治療

関連記事
レーシックのメリットってどんな事があるの?
レーシックの近視治療って?
ウェーブフロントレーシックってどんななの?
ラセックレーシックの詳細ってどうなの?
エピレーシックの詳細ってどうなの?
イントラレーシックの詳細は?
レーシックの詳細ってどうなの?
レーシックの方法にも種類がある?
レーシックの種類ってどんなものが有るの?

スポンサードリンク