レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックの方法にも種類がある?

レーシックの方法にも種類がある?これって、気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。レーシックって言うのは、角膜の屈折率を調整する事による視力の矯正術なようですよね。このレーシックは、エキシマレーザーによって角膜の屈折率を調整するようですが、大きくは二つの方法に分かれるようです。それは、
・レーシックやイントラレーシック
  マイクロケラトームやイントラレースFSレーザーによって、角膜の上層部をフラップとしてめくり、
  エキシマレーザーにより角膜の屈折率を調整して、フラップを戻し自然接着を目指す方法。
・エピレーシックやラセックレーシック
  角膜上皮(再生力が強い)のみでフラップを作り、角膜の調整を行いフラップを戻すようですが、
  フラップはその後脱落するようなので、再生するのをコンタクトで保護しながら待つ方法。
となるようです。

レーシックやイントラレーシックのフラップを戻す方法では、強い衝撃によってフラップがずれる事があるようで、パイロットや格闘技などでは施術を禁止される事もあるようです。これに比べて、エピレーシックやラセックレーシックは、角膜上皮のみでフラップを作る為、フラップが術後に剥がれて再生するのを待つ方法なようです。角膜上皮が再生する為、衝撃やずれがなく、パイロットや格闘技などでも許可されている事が多いようです。このように、レーシックの方法の種類は重要なようですので、よく検討し考えてから行うようにして下さいね。
   
楽天で見る⇒レーシック

関連記事
レーシックのメリットってどんな事があるの?
レーシックの近視治療って?
ウェーブフロントレーシックってどんななの?
ラセックレーシックの詳細ってどうなの?
エピレーシックの詳細ってどうなの?
イントラレーシックの詳細は?
レーシックの詳細ってどうなの?
レーシックの治療の概要って?
レーシックの種類ってどんなものが有るの?

スポンサードリンク