レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックの詳細ってどうなの?

レーシックの詳細ってどうなの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。レーシックは、角膜の屈折率矯正術の基本とも言えるものなようですね。このレーシックって言うのは、角膜の上層部をマイクロケラトームというかんな状の機械で削って、フラップを作るようです。このフラップは、一部で元の角膜と繋がったままになっているようで、このフラップをめくりエキシマレーザーを当てて、角膜を一部分蒸散させて角膜の屈折率を変えて治療をするようです。

レーシックは、殆どが近視治療のようですが、乱視や遠視にも適用が可能になるようですね。角膜を蒸散させて屈折率を変えた後には、フラップを戻して2日〜3日でフラップが接着するのを待ち、治療完了となるようです。このレーシックでフラップを作る時のカットが、角膜上皮層より下の固有層なども含める為、フラップを残す事になるようです。その為、衝撃や極端な圧力の変化により、フラップが再びずれたりするようですね。

その為、レーシックを施術した場合、日本ではパイロットの免許が取れない事になっているようですし、スポーツ等での衝撃などでもずれると言われているようです。又、レーシックは、角膜全体の屈折率を変えるわけではなく、視力に関わる部分を中心に屈折率を変える為、二重像が出来たりする場合もあるようです。ですが、眼鏡やコンタクトを常時着用する事に比べると、格段に快適になるかも・・・。
   
楽天で見る⇒レーシック 詳細

関連記事
レーシックのメリットってどんな事があるの?
レーシックの近視治療って?
ウェーブフロントレーシックってどんななの?
ラセックレーシックの詳細ってどうなの?
エピレーシックの詳細ってどうなの?
レーシックの方法にも種類がある?
レーシックの治療の概要って?
レーシックの種類ってどんなものが有るの?

スポンサードリンク