レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

エピレーシックの詳細ってどうなの?

エピレーシックの詳細ってどうなの?って、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。このエピレーシックって言うのは、レーシックやイントラレーシックとは違って、約50μmの角膜上皮部分のみの薄いフラップを形成してから、エキシマレーザーによる角膜の屈折率調整を行う方法なようですね。このエピレーシックは、フラップを作りレーザーでの屈折率の調整を行い、フラップを戻すようですが、この薄いフラップはやがて剥がれ落ちて、この部分の角膜上皮が再生する事により、治療が終了するようです。

エピレーシックの方法は、角膜のうち最も再生力が強い角膜上皮のみでフラップを作る事によって、フラップ部分が最終的に剥がれ落ち、角膜上皮の再生により角膜が通常に戻る事を利用する手法なようです。このエピレーシックの手法によると、角膜にはフラップの状態では残らずに再生する形になるようですので、レーシック等と比べて、フラップがずれる、フラップにしわが寄る、等の欠点は起こる事がないようです。

このエピレーシックの術式は、先ずフラップを作るのにエピケラトームという機械を使い、約50μm位の厚さの角膜上皮部分のみでフラップを作成し、めくります。その後に、エキシマレーザーにより角膜を蒸散させて屈折率の調整を行い、フラップを戻します。このフラップは剥がれ落ちるようですので、3日〜7日程度保護用のコンタクトレンズを着用する必要があるようです。この為、レーシック等に比べて治療にやや時間が掛かることになるようですね。
   
楽天で見る⇒レーシック

関連記事
レーシックのメリットってどんな事があるの?
レーシックの近視治療って?
ウェーブフロントレーシックってどんななの?
ラセックレーシックの詳細ってどうなの?
イントラレーシックの詳細は?
レーシックの詳細ってどうなの?
レーシックの方法にも種類がある?
レーシックの治療の概要って?
レーシックの種類ってどんなものが有るの?

スポンサードリンク