レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックの近視治療って?

レーシックの近視治療って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。レーシックの治療って、遠視や乱視にも適用出来るようですが、主に近視の治療として開発されているようです。近視の治療方法としては次のようなものがあるようです。

・RK
  目の角膜に放射状に浅く切り込みを入れる事で、眼圧により目の屈折率を変化させて焦点を調整し、
  治療する方法なようで、1970年代にロシアで開発され、アメリカで改良されて、300万人以上が
  この治療を受けているおうです。
・Mini-RK
  RKの一種で放射状に入れる切り込みの数を、RKより少なく、且つ短くする方法なようで、
  最小限の切開で効果は通常のRKと同様と言われているようです。
・PRK
  目の表面の角膜にエキシマレーザーを当てて、角膜を削って屈折率を変化させて、
  焦点を調整し治療する方法なようで、1983年アメリカで開発され30万人以上がこの治療を受けています。
・レーシック
  角膜の表面にフラップを作りめくった上で、角膜上のボーマン膜や角膜実質層をエキシマレーザーで
  削り、屈折率を調整しその後フラップを戻す治療方法なようです。このレーシック治療法は、
  1990年代ギリシャで考案された新しい方法で数万人が治療を受けています。

これらの治療方法の中で、レーシックは比較的安全で問題が少ないようで、且つ、治療期間が短いという特徴を持っているようです。現在、RKやPRKなどの治療も行われているようですが、レーシック、特にイントラレーシックの治療を受ける方はとっても多くなってきているようですね。
   
楽天で見る⇒レーシック 近視治療

関連記事
レーシックのメリットってどんな事があるの?
ウェーブフロントレーシックってどんななの?
ラセックレーシックの詳細ってどうなの?
エピレーシックの詳細ってどうなの?
イントラレーシックの詳細は?
レーシックの詳細ってどうなの?
レーシックの方法にも種類がある?
レーシックの治療の概要って?
レーシックの種類ってどんなものが有るの?

スポンサードリンク