レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


└ 老眼の治療のお話

老眼治療のカメラインレー?

老眼治療のカメラインレーって、ご存知でしょうか?昔は、治療方法が無いと言われた老眼なんですが、最近では様々な治療法が開発されているようで、実際に国内でも施術が受けられるようになってきたようですよね。そんな中の一つの治療方法がカメラインレーという手術のようなんですね。老眼治療には、高周波を使って手術するCK治療法や、眼の中にレンズを埋め込む眼内レンズ埋め込み手術等が有るようですが、このカメラインレーも老眼治療の手術の一つのようですね。これは、眼の角膜にカメラインレーと呼ばれるものを埋め込む手術のようです。カメラインレーって言うのは、リングのような形をしたシートで、近視のレーシック手術の際に作成するフラップの下に挿入する形で埋め込まれるようです。真ん中に穴の開いたリング状になっている為、近くの物が見えやすくなるようですね。

視力回復センター等に通った事が有る方は、小さな穴がたくさん開いたメガネのようなものを装着して、過ごす訓練を受けた事が有る方もいらっしゃるでしょうが、それと同じ理論のようですよね。ピンホール効果によって、視力を回復させる効果が有ると言われているようです。ですから、これによって老眼が治療出来るというものではなくって、自然と眼の機能が訓練されると考えた方が正しいかもしれませんね。カメラインレーは、近視と老眼の両方を同時に解決出来るレーシック手術として、世間から注目されている技術のようで、現在では国内でも手術を受ける事が出来るようです。これまで、近視で老眼の方がレーシックを受けると、老眼鏡が必要になる事も多かったようですが、カメラインレーの登場によって、乱視や遠視も矯正出来るようになってきたようですね。

関連記事
老眼の治療のCK治療?

スポンサードリンク