レーシックプラス!楽天新情報!▼即クリック!!▼


レーシックのお話

レーシックでの視力回復手術後の感染症?

レーシックでの視力回復手術後の感染症?これって、
気になる方もいらっしゃるかもしれませんね。

レーシックによる視力回復手術後って言うのは、
保護メガネや点眼薬で予防をしていても
感染症にかかる人もいらっしゃるようですね。

レーシックでの視力回復手術後は
角膜に傷がついている状態の為、
視力回復手術後は気をつけて生活しているでしょうが、

それでも傷口から細菌が入りこんでしまい、
感染症を引き起こす人がいるようです。

感染症を起こすと眼球が白く濁る
と言った症状になるようですので、

すぐに医師の診察を受けたり、
軽度の場合は点眼薬での治療で回復するようですが、

重度になると角膜移植などと言うことになるようなので、
術後は完全に角膜の傷が治るまで注意が必要なようですね。

レーシックでの視力回復手術後に
医師から処方される点眼薬の時間を守り、

指示通りに生活していれば
感染症を起こす事は予防できるようななので、

眼に細菌が入らないよう、
清潔に保つことが大切になるようです。

又、レーシックの視力回復手術中に
感染症となるケースもあるようですね。

手術は、多くのクリニックではクリーンルームと呼ばれる
手術室で行われるようですから心配はないようですが、

稀にクリーンルームが無い手術室で手術が行われる場合も
あるようですので、しっかりとクリニックの設備などを
把握しておく必要があるようです。

レーシックによる感染症を起こさない為にも、
視力回復手術を行うクリニック選びと、
術後のケアと検診が大切になってくるようですね。

楽天で見る⇒レーシック 手術

関連記事
レーシックでの視力回復の欠点?
レーシックでの視力回復を受けた有名人?
レーシックでの視力回復手術当日の注意点?
レーシックでの視力回復手術後の保護メガネ?
レーシックでの視力回復手術の安全性は?
レーシックでの視力回復手術を受けられない人?
レーシックでの視力回復を薦める理由?
レーシックでの視力回復の利点?

スポンサードリンク

この記事へのトラックバック